2007年09月30日

なつかしいアニメ放送作品の紹介(宇宙戦艦ヤマトIII、あしたのジョー2 日本テレビ系)

管理人が感動した作品の勝手な評点(観ていない作品は1個とします。)
★★★★★】 宇宙戦艦ヤマトIII (YTV) >>> 詳細説明はこちらから


<<ストーリー>>
23世紀初頭、銀河系では、巨大な星間国家ボラー連邦と新興のガルマン・ガミラス帝国が激しい星間戦争をくりかえしていた。ボラー連邦の属領バース星をめぐる戦闘の際、ガルマン・ガミラス東部方面軍のダゴン艦隊が放った惑星破壊プロトンミサイルが流れ弾となって太陽系に侵入し、太陽に命中してしまった。 その影響で太陽に核融合異常増進が起こり、このままだと1年以内に地球は灼熱地獄となって人類が滅亡し、3年で太陽が惑星を飲み込んで超新星爆発を起こして太陽系自体が消滅してしまうという。 地球防衛軍司令長官藤堂平九郎は、宇宙戦艦ヤマトを第2の地球探しの特務艦として、銀河系中心方向に密かに派遣することにした。長く艦長代理を務めてきた古代進は正式に新艦長に任命され、島大介及び真田志郎が副長としてこれを補佐する事となった。また、今回の任務に際し新人乗組員が多数乗艦、その中には土門竜介、揚羽武ら有望な若者も含まれていた。

ダゴン艦隊の攻撃で傷つき、太陽系へ逃れてきたバース星旗艦ラジェンドラ号を助けた事から、ヤマトとガルマン・ガミラス東部方面軍は交戦状態に入ってしまった。ヤマトは>>>続きを読む
posted by abelu at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメドラマ関連雑学集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なつかしいアニメ放送作品の紹介(キャプテン、鉄人28号)

管理人が感動した作品の勝手な評点(観ていない作品は1個とします。)

1980年
★★★★★】キャプテン >> 詳細説明はこちらから
<<あらすじ>>
野球の名門青葉学院から墨谷二中に転校してきた主人公谷口タカオは、野球部に入部しようとグランドを訪れ、練習に参加しようと青葉時代のユニフォームに着替えた。そのユニフォームに気付いた野球部員は、勝手に谷口を名門青葉のレギュラー選手だったと思いこんでしまう。しかし、谷口は2軍の補欠でレギュラー選手とは程遠い選手だった。そのことを気が弱くて言い出すことができない谷口は、周囲の期待に応えるべくすさまじい影の努力で上達し、キャプテンに選ばれるまでになりチームを引っ張っていくことになる。

☆☆☆☆】ムーの白鯨 (YTV) >> 詳細説明はこちらから
★★★★★】太陽の使者 鉄人28号 (YTV) >> 詳細説明はこちらから
<<概要>>
横山光輝原作の漫画『鉄人28号』のTVアニメ化作品第2作目。鉄人28号の外見は原作漫画に比べて、スマートな体型になっている。鉄人のリファインデザインは、当時ポピーのデザイナーで後にPLEXを立ち上げる村上克司が担当。また、設定・ストーリーについても、原作漫画とはつながりがなく、敷島博士の家族が登場し、娘の牧子は正太郎のガールフレンド、など、新たな設定になっている。

なお、TV 放映時にはタイトルに「太陽の使者」はついておらす、映像ソフト化の際に旧作と区別するために主題歌のタイトルから逆輸入したものである。そのため、資料によっては「太陽の使者」と書いておらず、タイトル横に「新」と付いていたり、放送した年を表記しているものもある。



posted by abelu at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメドラマ関連雑学集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なつかしいアニメ放送作品の紹介(日本テレビ系)(その3)

管理人が感動した作品の勝手な評点(観ていない作品は1個とします。)
1971年
アニメンタリー 決断 >> 詳細説明はこちらから
★★★★★新オバケのQ太郎 >> 詳細説明はこちらから
<<新オバケのQ太郎>>
ごく普通の家庭に住み着いた、一匹の間の抜けたオバケがひき起こす騒動を面白おかしく描く。藤子流生活ギャグ漫画の原点にして、初の大ヒット作で代表作。スタジオ・ゼロのメンバーである石ノ森章太郎が手伝った。『オバQ』と省略されて呼ぶことも多い。3度に渡ってアニメ化され、40年以上経った現在も根強い人気がある。また藤子漫画はそれまでシリアス志向の強い作品が多かったが、これを機に『ギャグ漫画の藤子不二雄』として広く認知されるようになってゆく。

『オバケのQ太郎』の5年後に主に藤子・F・不二雄(藤子F)が描いた『新オバケのQ太郎』や、オバケのQ太郎の後日談的な話の『劇画・オバQ』という作品もある。

『新オバケのQ太郎』以後は、コンビ解消まで藤子F、藤子Aがそれぞれ個別で描いた作品を藤子不二雄の共同ペンネームで発表する形になっており、本作が藤子不二雄の事実上最後の合作作品である。

★★★★★天才バカボン (YTV) >> 詳細説明はこちらから
<<天才バカボン>>
「おそ松くん」でギャグ漫画の漫画家として不動の人気を得た赤塚不二夫が、続けて書いた作品。初出は、1967年4月9日発行の「週刊少年マガジン」である。「バカボン」の語源には諸説あり、「バカなボンボン」から由来する説(赤塚自身こう説明していた時期があり、少年マガジンの新連載告知でも同様の記述がみられる。なお「ボンボン」は関西弁で「坊ちゃん」の意)、「バガボンド=放浪者」からきたとする説、そして仏教語の「婆伽梵=釈迦」からきているという説もある。ちなみに1993年に赤塚本人がテレビ番組で「バガボンド説」を言っているが(元々「天才バカボンド」というタイトルの予定であったため)、「だからパパは無職でなくてはならない」とも言っており、バカボンではなくパパを基準にしているところが疑問でもある。バカボン一家の居住地の設定は、赤塚不二夫自身の事務所「フジオプロ」がある東京都新宿区下落合。アニメ版では確認できないが、コミック版ではこのことに幾度も触れており、実際に下落合界隈に存在する店舗名もしばしば登場する(赤塚自身も「下落合焼とりムービー」という映画を制作している)。

その後、週刊少年サンデー、週刊ぼくらマガジンと連載雑誌の断続的な切り替え等を行い、1976年12月5日発行の「週刊少年マガジン」で一応の完結を見るが、その後も登場人物の抜群のキャラクターぶりを発揮して、現在に至るまで単なるギャグ漫画の枠を越えた、単行本、テレビ、CM等各種メディアに多数出演しており、その全貌を把握することは困難である。また作品自体も、何度かにわたりコミックボンボン等で再執筆され、コミックボンボンでは2006年12月号まで傑作選が掲載されていた。傑作選は当時の再録だが、時代にそぐわないセリフや過激な下ネタ等が差し替えられていた。

そして欠かすことができないのが、この作品のアニメ化である。4回にわたりアニメ化され、世代を通じ子どもたちを中心に爆発的な人気を得るようになり、現在もその人気は不動のものであると言える。

天才バカボン(よみうりテレビ・東京ムービー、1971年9月25日〜1972年6月24日、全40回)
元祖天才バカボン(日本テレビ・東京ムービー、1975年10月6日〜1977年9月26日、全103回)
平成天才バカボン(フジテレビ・スタジオぴえろ、1990年1月6日〜同年12月29日、全46回(*1))
レレレの天才バカボン(テレビ東京・スタジオぴえろ、1999年10月〜2000年3月、全24回)
posted by abelu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメドラマ関連雑学集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

なつかしいアニメ放送作品の紹介(日本テレビ系)

管理人が感動した作品の勝手な評点(観ていない作品は★1個とします。)
1970年代
1970年
★★★★★男どアホウ甲子園 >> 詳細説明はこちらから
<<男どアホウ甲子園>>
原作:佐々木守、漫画:水島新司の野球漫画、及びそれを原作としたテレビアニメ。『週刊少年サンデー』で1970年8号 - 1975年9号に連載されていた。1970年 - 1971年にアニメ化。その後、1999年36・37号に復活連載された。第19回(昭和48年度)小学館漫画賞受賞作品。



★★★★★いじわるばあさん (YTV) >> 詳細説明はこちらから
<<いじわるばあさん>>
長谷川町子が、サンデー毎日(雑誌)に1966年1月2日号から1971年7月18日号まで連載した4コマ漫画作品。意地悪なおじいさんを主人公とした(日本以外での)作品があり、これに触発されて誕生した。

「いじわるばあさん」または「意地悪ばあさん」のタイトルで何度もテレビドラマ化され、テレビアニメ化も何度か行われた(本項目にて後述)。特に青島幸男主演のテレビドラマは人気が高かった。但し作者である長谷川町子は、漫画作品とは別と考えており「あれは青島幸男による青島ばあさんです」と述べるなど、アニメの『サザエさん』同様テレビでの登場を快く思っていなかった節がある。

なお、アメリカでも、「Granny Mischief」というタイトルで翻訳・出版されて人気を博した。なお、出版の際、一部のコマが左右反転された。

また、平成13年度の立命館中学校の入試問題で出題されたことがある。
posted by abelu at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメドラマ関連雑学集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

アニメの表現規制について

全般的に漫画などの書籍と比べて、テレビアニメにおける表現規制は古くから厳しい傾向が見られる。お色気・暴力・流血絡みに留まらず、登録商標などに関しても同様である。

それでも1980年代末頃までは、キー局制作の全日帯アニメでも公然とお色気シーンを多用した番組が多く存在したり(ただ放送時間帯的に卑猥なものではなく、むしろ健康的なエッチさを売りにしていた作品が多かった)、中には女性の乳首まで露出した番組(フジテレビ系で放送された『うる星やつら』『らんま1/2』の初期など)も存在していたほどであった。

また、暴力・流血描写に関しても、1980年代半ばにフジテレビ系列で放送された『北斗の拳』が、過激なシーン(人体破断・爆裂など)をシルエット演出などで残虐表現を比較的抑え目にしていたとはいえゴールデンタイム帯に放送されていたほどであった。

しかし、1990年代に入ってからこのような表現に対してPTAなどからの抗議が集中するようになり次第に表現規制が厳しくなりだしていった。

そこに追い打ちを掛けたのが、1997年12月に発生した、いわゆる「ポケモンショック」である。

この“ ポケモンショック ”を教訓続きを読む
posted by abelu at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメドラマ関連雑学集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画 テレビドラマ.net TOP記事へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。