2007年09月04日

1980年代の女性アイドルは?

1980年デビューの松田聖子を筆頭に、1982年デビューの中森明菜がそれに続き、多数のアイドルが生まれ、アイドル黄金時代と呼ばれていました。

後半は素人集団おニャン子クラブが席巻し、おニャン子クラブがブレイクした85年以降は普通っぽさを売りにした身近なアイドルが大部分を占める従来の神秘的イメージの有るアイドルは皆無にななりました。

80年代アイドル全盛期の中でも、アイドルの当たり年は一般に、1980年、1982年、1985年と言われています。

★1980年…松田聖子柏原芳恵河合奈保子三原順子岩崎良美など。

★1982年…中森明菜、小泉今日子、松本伊代、堀ちえみ、早見優、石川秀美など。

★1985年…おニャン子クラブ、中山美穂、南野陽子、浅香唯、斉藤由貴、本田美奈子、芳本美代子など。




《管理人の選んだ思い出のアイドル》


松田 聖子(まつだ せいこ、本名:神田 法子、かんだ のりこ、旧姓:蒲池[かまち]、1962年3月10日 - )は日本の歌手、女優である。所属事務所はファンティック。福岡県出身。身長159cm。体重40kg。血液型A型。

シングル
裸足の季節(1980年4月1日)
作詞:三浦徳子、作曲: 小田裕一郎、編曲:信田かずお
青い珊瑚礁(1980年7月1日)
作詞:三浦徳子、作曲:小田裕一郎、編曲:大村雅朗
風は秋色(1980年10月1日)
作詞:三浦徳子、作曲:小田裕一郎、編曲:信田かずお
チェリーブラッサム(1981年1月21日)
作詞:三浦徳子、作曲:財津和夫、編曲:大村雅朗
夏の扉(1981年4月21日)
作詞:三浦徳子、作曲:財津和夫、編曲:大村雅朗
白いパラソル(1981年7月21日)
作詞:松本隆、作曲:財津和夫、編曲:大村雅朗
財津和夫がアルバム『Z氏の悪い趣味』(1987年)にてセルフカバーしている。
風立ちぬ(1981年10月7日)
作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一、編曲:多羅尾伴内
赤いスイートピー(1982年1月21日)
作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂、編曲:松任谷正隆
渚のバルコニー(1982年4月21日)
作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂、編曲:松任谷正隆
小麦色のマーメイド(1982年7月21日)
作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂、編曲:松任谷正隆
野ばらのエチュード(1982年10月21日)
作詞:松本隆、作曲:財津和夫、編曲:大村雅朗
秘密の花園(1983年2月3日)
作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂、編曲:松任谷正隆
天国のキッス(1983年4月27日)
作詞:松本隆、作曲:細野晴臣、編曲:細野晴臣
ガラスの林檎/SWEET MEMORIES(1983月8月1日)
作詞:松本隆、作曲:細野晴臣、編曲:細野晴臣
作詞:松本隆、作曲:大村雅朗、編曲:大村雅朗
瞳はダイアモンド(1983年10月28日)
作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂、編曲::松任谷正隆
松任谷由実がアルバム『Yuming Compositions : FACES』(2003年)にてセルフカバーしている。
Rock'n Rouge(1984年2月1日)
作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂、編曲::松任谷正隆
時間の国のアリス(1984年5月10日)
作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂、編曲:大村雅朗
ピンクのモーツァルト(1984年8月1日)
作詞:松本隆、作曲:細野晴臣、編曲:細野晴臣・松任谷正隆
ハートのイアリング(1984年11月1日)
作詞:松本隆、作曲:Holland Rose、編曲:大村雅朗
天使のウィンク(1985年1月30日)
作詞:尾崎亜美、作曲:尾崎亜美、編曲:大村雅朗
尾崎亜美がアルバム『10番目のミュー』(1985年)にてセルフカバーしている。
ボーイの季節(1985年5月9日)
作詞:尾崎亜美、作曲:尾崎亜美、編曲:大村雅朗
尾崎亜美がアルバム『POINTS-2』(1986年)にてセルフカバーしている。
DANCING SHOES(1985年6月24日)
作詞:Steve Kipner・Paul Bliss、作曲:Steve Kipner・Paul Bliss、編曲:Phil Ramone
Strawberry Time(1987年4月22日)
作詞:松本隆、作曲:土橋安騎夫、編曲:大村雅朗
Pearl-White Eve(1987年11月6日)
作詞:松本隆、作曲:大江千里、編曲:井上鑑
大江千里がアルバム『home at last〜Senri Sings Senri〜』(2003年)にてセルフカバーしている。
Marrakech 〜マラケッシュ〜(1988年4月14日)
作詞:松本隆、作曲:Steve Kipner・Paul Bliss、編曲:Steve Kipner・Paul Bliss・David Foster
旅立ちはフリージア(1988年9月7日)
作詞:松田聖子、作曲:タケカワユキヒデ、編曲:井上鑑
Precious Heart(1989年11月15日)
作詞:松田聖子、作曲:奥居香、編曲:笹路正徳
THE RIGHT COMBINATION(1990年7月15日)
作詞:Michael Jay・Michael Cruz、作曲:Michael Jay・Michael Cruz、編曲:Maurice Starr
※Seiko and Donnie Wahlberg名義でリリース(Donnie Wahlbergとのデュエット)
who's that boy (1990年)
作詞:Randy Goodrum・Gllen Ballard、作曲:Randy Goodrum・Gllen Ballard、編曲:Ed Terry・Jellybean
※Seiko名義でリリース
We Are Love(1990年11月21日)
作詞:松田聖子、作曲:鈴木祥子、編曲:笹路正徳
きっと、また逢える…(1992年2月5日)
作詞:松田聖子、作曲:松田聖子・小倉良、編曲:鳥山雄司
あなたのすべてになりたい(1992年8月1日)
作詞:松田聖子、作曲:松田聖子・小倉良、編曲:鳥山雄司
大切なあなた(1993年4月21日)
作詞:松田聖子、作曲:松田聖子・小倉良、編曲:鳥山雄司
A Touch of Destiny(1993年5月21日)
作詞:松田聖子、作曲:松田聖子・小倉良、編曲:鳥山雄司
かこわれて、愛jing(1993年11月10日)
作詞:栗尾直樹・小倉良、作曲:小倉良、編曲:小倉良
※Matsuyakko名義でリリース
もう一度、初めから(1994年5月11日)
作詞:松田聖子、作曲:松田聖子・小倉良、編曲:小倉良
輝いた季節へ旅立とう(1994年12月1日)
作詞:Meg.C、作曲:松田聖子・小倉良、編曲:鳥山雄司
素敵にOnce Again(1995年4月21日)
作詞:Meg.C、作曲:松田聖子・小倉良、編曲:鳥山雄司
あなたに逢いたくて 〜Missing You〜(1996年4月22日)
作詞:松田聖子、作曲:松田聖子・小倉良、編曲:鳥山雄司
Let's Talk About It(1996年4月24日)
作詞:Robbie Nevil・Seiko、作曲:Robbie Nevil・Seiko、編曲:Robbie Nevil
※Seiko名義でリリース
Good For You(1996年)
作詞:Steve Dubin・Robbie Nevil、作曲:Steve Dubin・Robbie Nevil、編曲:Robbie Nevil
※Seiko名義でリリース
I'll Be There For You(1996年5月17日)
作詞:Robbie Nevil、作曲:Robbie Nevil、編曲:Robbie Nevil
※松田聖子 with ロビー・ネヴィル名義でリリース(ロビー・ネヴィルとのデュエット)
さよならの瞬間(1996年11月18日)
作詞:松田聖子、作曲:松田聖子・小倉良、編曲:鳥山雄司
私だけの天使 〜Angel〜(1997年4月23日)
作詞:松田聖子、作曲:松田聖子・小倉良、編曲:鳥山雄司
Gone with the rain(1997年12月3日)
作詞:松田聖子、作曲:松田聖子・小倉良、編曲:鳥山雄司
恋する想い 〜Fall in love〜(1998年6月17日)
作詞:松田聖子、作曲:松田聖子・小倉良、編曲:鳥山雄司
Touch the LOVE(1998年11月26日)
作詞:松田聖子、作曲:松田聖子・小倉良、編曲:鳥山雄司
哀しみのボート(1999年10月27日)
作詞:松本隆、作曲:大久保薫、編曲:岡本更輝
20th Party(2000年5月17日)
作詞:松田聖子、作曲:小倉良、編曲:鳥山雄司
上海ラブソング(2000年6月7日)
作詞:矢野顕子、作曲:原田真二、編曲:原田真二
Unseasonable Shore(2000年6月14日)
作詞:吉法師、作曲:小倉良、編曲:鳥山雄司
True Love Story(2000年9月27日)
作詞:松井五郎、作曲:菊池一仁、編曲:本間昭光
※Hiromi Go/Seiko Matsuda名義でリリース(郷ひろみとのデュエット)
The Sound of Fire(2000年11月29日)
作詞:原田真二、作曲:原田真二、編曲:原田真二
原田真二がアルバム『強い向かい風の中で』(2001年)にてセルフカバーしている。
あなたしか見えない(2001年6月20日)
作詞:松田聖子、作曲:原田真二、編曲:原田真二
愛・愛 〜100%・Pure Love〜(2001年11月14日)
作詞:松田聖子・原田真二、作曲:原田真二、編曲:原田真二
素敵な明日(2002年6月5日)
作詞:松田聖子、作曲:小倉良、編曲:鳥山雄司
all to you(2002年)
作詞:Seiko・Jez Colin・Robbie Nevil、作曲:Seiko・Jez Colin・Robbie Nevil、編曲:Jez Colin・Robbie Nevil
※Seiko名義でリリース
just for tonight(2002年)
作詞:Jez Colin・Robbie Nevil、作曲:Jez Colin・Robbie Nevil、編曲:Jez Colin・Robbie Nevil
※Seiko名義でリリース
Call me(2003年6月4日)
作詞:原田真二、作曲:原田真二、編曲:原田真二
逢いたい(2004年5月26日)
作詞:松田聖子、作曲:原田真二、編曲:原田真二
Smile on me(2004年7月7日)
作詞:原田真二、作曲:原田真二、編曲:原田真二
※Seiko with Crazy T名義でリリース(石橋貴明とのデュエット)
永遠さえ感じた夜(2005年2月2日)
作詞:松田聖子、作曲:鳥山雄司、編曲:鳥山雄司
I'll fall in love(2005年8月24日)
作詞:松田聖子、作曲:小倉良、編曲:小倉良
しあわせな気持ち(2005年9月21日)
作詞:松田聖子、作曲:松田聖子、編曲:小倉良
bless you(2006年4月26日)
作詞:上原純、作曲:上原純、編曲:小倉良
WE ARE.(2006年5月24日)
作詞:上原純、作曲:上原純、編曲:Upa Upa
※Paw Paw名義でリリース (TVアニメ『Tama & Friends 探せ!魔法のプニプニストーン』のテーマ曲)
涙がただこぼれるだけ(2007年5月23日)
作詞・作曲:松田聖子、編曲:小林信吾

[編集] オリジナルアルバム
SQUALL(1980年8月1日)
North Wind(1980年12月1日)
Silhouette 〜シルエット〜(1981年5月21日)
風立ちぬ(1981年10月21日)
Pineapple(1982年5月21日)
Candy(1982年11月10日)
ユートピア(1983年6月1日)
Canary(1983年12月10日)
Tinker Bell(1984年6月10日)
Windy Shadow(1984年12月8日)
The 9th Wave(1985年6月5日)
このアルバムに収録されている『夏の幻影(シーン)』は尾崎亜美がアルバム『POINTS-2』(1986年)にてセルフカバーしている。
SOUND OF MY HEART(1985年8月15日)
SUPREME(1986年6月1日)
Strawberry Time(1987年5月16日)
このアルバムに収録されている『Kimono Beat』は小室哲哉がアルバム『Hit Factory』(1992年)にてセルフカバーしている。
Citron(1988年5月11日)
このアルバムに収録されている『抱いて』はシングルカットされなかったにも関わらずヒットした。CMにも使われた。
ゴヤ…歌でつづる生涯(1989年5月21日)
Precious Moment(1989年12月6日)
Seiko(1990年6月7日)
We Are Love(1990年12月10日)
Eternal(1991年5月2日)
1992 Nouvelle Vague(1992年3月25日)
Sweet Memories'93(1992年12月2日)
DIAMOND EXPRESSION(1993年5月21日)
A Time for Love(1993年11月21日)
Glorious Revolution(1994年6月12日)
It's Style'95(1995年5月21日)
Vanity Fair(1996年5月27日)
WAS IT THE FUTURE(1996年6月10日)
Guardian Angel(1996年12月5日) - ミニアルバム
My Story(1997年5月21日)
Sweetest Time(1997年12月3日) - ミニアルバム
Forever(1998年5月8日)
永遠の少女(1999年12月18日)
20th Party(2000年6月28日)
LOVE&EMOTION VOL.1(2001年6月20日)
LOVE&EMOTION VOL.2(2001年11月28日)
area62(2002年6月21日)
Sunshine(2004年6月9日)
fairy(2005年4月6日)
Under the beautiful stars(2005年12月7日)
bless you(2006年5月31日)
Eternal II(2006年12月6日)
Baby's breath(2007年6月6日)

[編集] ベストアルバム
聖子・fragrance(1981年11月1日)
Seiko・index(1982年7月1日)
金色のリボン(1982年12月5日)
Seiko・plaza(1983年11月11日)
Touch Me, Seiko(1984年3月15日)
Seiko・Town(1984年11月1日)
Seiko・Avenue(1984年11月21日)
Seiko-Train(1985年3月6日)
Seiko・Box(1985年11月10日)
LOVE BALLADE(1986年11月21日)
Snow Garden(1987年11月21日)
Seiko Monument(1988年7月21日)
Christmas Tree(1991年11月21日)
Bible(1991年12月1日)
Bible II(1994年12月1日)
Bible III(1996年3月1日)
Complete Bible(1996年9月21日)(完全生産限定盤)
Winter Tales(1996年11月1日)
Seaside 〜Summer Tales(1997年6月21日)
Dear(1997年11月21日)
Seiko Celebration(1998年7月18日)
Seiko '96-'98(1998年11月30日)
Seiko Ballad 〜20th Anniversary(1999年4月1日)
SEIKO MATSUDA:RE-MIXES(1999年10月6日)- リミックスアルバム
SEIKO SUITE(2000年7月5日)-(完全生産限定盤)
seiko remixes 2000(2000年9月27日)- リミックスアルバム
『LOVE』Seiko Matsuda 20th Anniversary Best Selection (2000年11月29日)
Another side of Seiko 27(2003年11月27日)(初回生産限定盤)
Another side of Seiko 14(2003年11月27日)
Best of Best 27(2004年4月14日)(初回生産限定盤)
Best of Best 13(2004年4月14日)
『Seiko Smile』Seiko Matsuda 25th Anniversary Best Selection (2005年1月26日)
Seiko Matsuda(53タイトル74枚組DSDリマスタリングBOX)(2006年7月19日)(完全生産限定盤)

[編集] サウンドトラック
オリジナル・サウンドトラック 野菊の墓(1981年8月8日)
オリジナル・サウンドトラック プルメリアの伝説(1983年7月1日)
オリジナル・サウンドトラック 夏服のイヴ(1984年7月7日)
オリジナル・サウンドトラック カリブ・愛のシンフォニー CARIBE, Sinfonia de Amor(1985年5月3日)
オリジナル・サウンドトラック ペンギンズ・メモリー 幸福物語(1985年6月21日)

[編集] 映像
ファンタスティック・コンサート レモンの季節(1982年6月21日)
Seikoland 〜武道館ライヴ'83〜(1984年2月25日)
SEIKO CALL 〜松田聖子ライヴ'85〜(1985年8月1日)
Super Diamond Revolution(1987年9月2日)
Sweet Spark Stream(1989年9月14日)
Precious Moment 〜1990 Live At The Budokan〜(1990年4月21日)
SEIKO clips(1991年8月1日) - ビデオクリップ
1991 Concert Tour Amusement Park(1991年9月21日)
Seiko Clips2 1992 Nouvelle Vague(1992年6月1日) - ビデオクリップ
LIVE 1992 Nouvelle Vague(1992年10月1日)
Seiko Clips3 DIAMOND EXPRESSION(1993年6月21日) - ビデオクリップ
LIVE DIAMOND EXPRESSION(1993年11月1日)
Seiko Clips4 Glorious Revolution(1994年6月22日) - ビデオクリップ
Live Glorious Revolution(1994年10月21日)
Video Bible 〜Best Hits Video History〜(1995年3月24日)
Seiko Clips5 It's Style'95(1995年7月1日) - ビデオクリップ
LIVE It's Style'95(1995年11月22日)
Vanity Fair(1996年6月3日) - ビデオクリップ
Live Vanity Fair'96(1996年11月11日)
Bon Voyage 〜The Best Lives and Clips〜(1996年12月1日)
WAS IT THE FUTURE(1996年12月2日) - ビデオクリップ
My Story(1997年6月4日) - ビデオクリップ
Seiko Live'97 My Story(1997年10月8日)
Forever(1998年6月1日) - ビデオクリップ
Seiko Live'98 FOREVER(1998年10月21日)
Seiko '96〜'98(1998年12月2日) - ビデオクリップ
Seiko Matsuda Zepp Tour 1999 〜137分33秒の奇跡〜(2000年3月29日)
Seiko Matsuda Concert Tour 2000 20th Party(2000年12月13日)
Video the LOVE 〜Seiko Matsuda 20th Anniversary Video Collection 1996-2000〜(2001年3月28日)
Seiko Matsuda Concert Tour 2001 LOVE&EMOTION(2001年11月28日)
LOVE&EMOTION(2002年3月27日) - ビデオクリップ + 写真集
Seiko Matsuda Concert Tour 2002 Jewel Box(2002年11月20日)
Seiko Matsuda Concert Tour 2003 Call me(2003年11月27日)
Seiko Matsuda Count Down Live Party 2003-2004(2004年3月10日)
Seiko Matsuda Concert Tour 2004 Sunshine(2004年11月17日)
25th Anniversary Seiko Matsuda PREMIUM DVD BOX(2005年6月8日)(完全生産限定盤)
25th Anniversary Seiko Matsuda Concert Tour 2005 fairy(2005年11月23日)
Seiko Matsuda Count Down Live Party 2005-2006(2006年3月28日)
Seiko Matsuda Concert Tour 2006 bless you(2006年9月20日)
Seiko Matsuda Count Down Live Party 2006-2007(2007年3月発売予定)








この頃、特に80年代前半は、デビュー時にキャッチフレーズが必ずと言っていいほど付けられていたんです。

(例)

松田聖子…抱きしめたいミスソニー
中森明菜…ちょっとエッチな美新人娘(ミルキーっこ)
山瀬まみ…国民のおもちゃ、新発売(なお、National Pastime―「国民のおもちゃ」というバンドもアメリカに実在した)
また、80年代前半の一時期は、歌詞に自分の年齢を入れることも流行した。

(例)
松田聖子(エイティーン)
中森明菜(少女A)
松本伊代(センチメンタル・ジャーニー)
小泉今日子(私の16歳)
三田寛子(駈けてきた処女[おとめ])
倉沢淳美(プロフィール)

しかし、80年代終盤に入るとロックやニューミュージックバンドが台頭するようになり、アイドル歌手は凋落し始めていく。それと並行して、お笑い芸人顔負けの個性を表に出したバラエティアイドル(バラドル)が登場した。
代表に松本明子、井森美幸、森口博子、山瀬まみ


柏原 芳恵(かしわばら よしえ(本名は同じ字で「かしはら」と読む)、1965年10月1日 -)は、大阪府大阪市生まれの日本の歌手、女優。血液型A型。

シングル
No.1(1980年6月1日)
作詞:阿久悠 作曲:都倉俊一 編曲:都倉俊一
毎日がバレンタイン(1980年9月5日)
作詞:阿久悠 作曲:川口真 編曲:木森敏之
第二章・くちづけ(1980年11月5日)
作詞:阿久悠 作曲:大野克夫 編曲:後藤次利
乙女心何色?(1981年2月25日)
作詞:近田春夫 作曲:近田春夫 編曲:後藤次利
ガラスの夏(1981年5月25日)
作詞:松田侑利子 作曲:綱倉一也 編曲:若草恵
めらんこりい白書(1981年9月5日)
作詞:阿久悠 作曲:大野克夫 編曲:船山基紀
ハロー・グッバイ(1981年10月15日)
※原曲はアグネス・チャンのシングルB面。次いで讃岐裕子がシングル化したがヒットしなかった。その後も山本智美、笹峰愛がカバーするもヒットせず。唯一、柏原のバージョンがヒットしたのでアグネスから「この曲に日の目を見せてくれ有り難う」と感謝された。歌詞に出てくる喫茶店は南こうせつの実兄が大分市で経営していた店がモデル。
作詞:喜多条忠 作曲:小泉まさみ 編曲:竜崎孝路
恋人たちのキャフェテラス(1982年2月5日)
作詞:三浦徳子 作曲:小泉まさみ 編曲:船山基紀
渚のシンデレラ(1982年4月21日)
作詞:藤原いくろう 作曲:藤原いくろう 編曲:竜崎孝路
しあわせ音頭(企画盤)(1982年7月10日)
作詞:藤田まさと 作曲:細野晴臣 編曲:清水信之
あの場所から(1982年7月21日)※原曲はKとブルンネン、その後朝倉理恵がカバー。
作詞:山上路夫 作曲:筒美京平 編曲:高田弘
花梨(1982年10月1日)
作詞:谷村新司 作曲:谷村新司 編曲:青木望
よしえのクリスマス(企画盤)(1982年11月5日)
春なのに(1983年1月11日)
作詞:中島みゆき 作曲:中島みゆき 編曲:服部克久・J.サレッス
ちょっとなら媚薬(1983年4月13日)
作詞:阿木燿子 作曲:宇崎竜童 編曲:萩田光雄
夏模様(1983年6月29日)
作詞:微美杏里(藤真利子) 作曲:松尾一彦(オフコース) 編曲:萩田光雄
タイニー・メモリー(1983年9月21日)
作詞:松山千春 作曲:松山千春 編曲:石川鷹彦
カム・フラージュ(1983年12月1日)
作詞:中島みゆき 作曲:中島みゆき 編曲:萩田光雄
ト・レ・モ・ロ(1984年2月29日)
作詞:松本隆 作曲:筒美京平 編曲:船山基紀
悪戯NIGHT DOLL(1984年5月30日)
作詞:銀色夏生 作曲:筒美京平 編曲:船山基紀
最愛(1984年9月5日)
作詞:中島みゆき 作曲:中島みゆき 編曲:倉田信雄
ロンリー・カナリア(1985年1月1日)
作詞:中島みゆき 作曲:中島みゆき 編曲:梅垣達志
待ちくたびれてヨコハマ(1985年4月3日)
作詞:荒木とよひさ 作曲:三木たかし 編曲:若草恵
太陽は知っている(1985年7月3日)※松竹映画「俺ら東京さ行ぐだ」挿入歌。
作詞:松井五郎 作曲:松尾一彦(オフコース) 編曲:渡辺博也
し・の・び・愛(1985年9月11日)※高見知佳のカバー
作詞:高見沢俊彦 作曲:高見沢俊彦 編曲:船山基紀
春ごころ(1986年1月1日)
作詞:五輪真弓 作曲:五輪真弓 編曲:萩田光雄
花嫁になる朝(1986年5月11日)
作詞:茜まさお 作曲:平尾昌晃 編曲:竜崎孝路
女ともだち(1986年7月30日)※TBS系ドラマ「女ともだち」主題歌。
作詞:川村真澄 作曲:筒美京平 編曲:船山基紀
途中下車(1987年1月1日)
作詞:佐藤順英 作曲:花岡優平 編曲:奥慶一
A・r・i・e・s(1987年5月1日)※フジテレビ系ドラマ『アリエスの乙女たち』主題歌。
作詞:阿久悠 作曲:林哲司 編曲:船山基紀
冬の孔雀(1987年10月26日)
作詞:阿久悠 作曲:三木たかし 編曲:若草恵
黄昏のダイアリー(1988年5月11日)
作詞:荒木とよひさ 作曲:堀内孝雄 編曲:萩田光雄
愛しただけよ(1988年12月4日)
作詞:浜口庫之助 作曲:浜口庫之助 編曲:竜崎孝路
化石の森(1989年2月22日)※NTV系「火曜サスペンス劇場」エンディング曲。
作詞:荒木とよひさ 作曲:筒美京平 編曲:武部聡志
あなたならどうする(1989年12月6日)※フジテレビ系ドラマ『LUCKY! 天使、都へ行く』(斉藤由貴主演)挿入歌。
作詞:なかにし礼 作曲:筒美京平 編曲:戸塚修
MaMa(2006年5月24日)
作詞:芳恵 作曲:仁美 編曲:薫

[編集] オリジナルアルバム
How To Love(1980年12月10日)
Lovely Songs(1981年8月13日)
ハロー・グッパイ(1981年12月15日)
サマー・センセイション(1982年6月8日)
セブンティーン(1982年11月25日)
春なのに(1983年2月10日)
夢模様(1983年7月30日)
タイニー・メモリー(1983年11月23日)
LUSTER(1984年4月25日)
最愛(1984年10月25日)
待ちくたびれてヨコハマ(1985年6月1日)
し・の・び・愛(1985年10月1日)
二十才のスーブニール(1986年7月7日)
ハイヒールを脱ぎすてた女(1986年10月15日)
A・r・i・e・s(1987年7月6日)
愛愁(1987年12月5日)
Lover's Sunset(1988年7月6日)
YES, I Love You(1989年5月10日)
あなただけ‥‥(2005年6月22日)
encore(2007年1月11日)

[編集] テレビドラマ
『キッド』(NTV系) 1981年9月5日〜 レギュラー出演
新春ワイド時代劇『竜馬がゆく』(テレビ東京) 1982年1月2日
『ピンキーパンチ大逆転!』(TBS系) 1982年4月1日〜 レギュラー出演
『遠きに目ありて』(TBS系) 1982年5月8日 ザ・サスペンス
『野々村病院物語II』(TBS系) 1982年10月21日〜 レギュラー出演 
『フジ三太郎』(テレビ朝日系) 1982年12月23日 ゲスト出演
NHK大河ドラマ『山河燃ゆ』(原作は山崎豊子の二つの祖国) 1984年1月8日〜 レギュラー出演
テレビ東京開局20年記念特別企画 『走れ青春42.195キロ 涙と汗のマラソン野郎』 1984年4月11日
『なんか妖かい!?』(フジテレビ系) 1984年7月30日 月曜ドラマランド
『うちの子にかぎって…』(TBS系) 1985年7月 第9話ゲスト出演
『復習はワイングラスに浮かぶ』 (フジテレビ系) 1985年11月14日 木曜ドラマストリート
『美人母娘3人、ああ華麗なる結婚サギ』 (テレビ朝日系) 1986年1月27日 月曜ワイド劇場
『誰かが来るまで』 (TBS系) 1986年7月6日 東芝日曜劇場
金曜ドラマ『女ともだち』(TBS系) 1986年7月11日〜 レギュラー出演
『美人母娘3人、ああ華麗なる結婚サギU』 (テレビ朝日系) 1986年9月1日 月曜ワイド劇場
『芸者と第九交響曲』 (TBS系) 1987年1月25日 東芝日曜劇場
『髪(ヘアー)』 (NTV系) 1987年3月17日 火曜サスペンス劇場
『みちのくハネムーン殺人事件』 (TBS系) 1987年8月5日 水曜ドラマスペシャル
『美人母娘3人、ああ華麗なる結婚サギ』 (テレビ朝日系) 1987年11月12日〜19日 月曜ワイド劇場
『味のふるさと殺人事件』 (NTV系) 1987年11月24日 火曜サスペンス劇場
『津軽海峡−殺しの双曲線』 (NTV系) 1988年3月15日 火曜サスペンス劇場
『モト子せんせいの場合』 (TBS系) 1988年3月28日〜31日 ドラマ23 全4回
『ジューンブランド・ママ』 (NTV系) 1988年6月14日 火曜サスペンス劇場
『ビキニライン殺人事件』 (テレビ朝日系) 1988年9月24日 土曜ワイド劇場
『国際線スチュワーデス3人旅』 (テレビ朝日系) 1989年1月10日放送 火曜スーパーワイド
『漫画チックに踊ろうよ』 (TBS系) 1989年5月8日〜11日 ドラマ23 全4回
『火の国殺人行』 (テレビ朝日系) 1989年10月28日 土曜ワイド劇場
『国際線スチュワーデス3人旅』 (テレビ朝日系) 1989年11月28日放送 火曜スーパーワイド
『知床旅情殺人事件』 (テレビ朝日系) 1990年1月27日 土曜ワイド劇場
『24歳おんなだけの露天風呂』 (テレビ朝日系) 1990年3月6日 火曜スーパーワイド
『瀬戸内深夜航路の女』 (テレビ朝日系) 1990年5月12日 土曜ワイド劇場
世にも奇妙な物語 『半分こ』(フジテレビ系) 1990年7月12日
『狙われた花嫁』 (テレビ朝日系) 1990年10月23日 火曜ミステリー劇場
『京都天橋立殺人事件』 (テレビ朝日系) 1992年1月25日 土曜ワイド劇場
『替え玉結婚式殺人事件』 (テレビ朝日系) 1992年2月15日 土曜ワイド劇場
『博多発10時43分長崎本線の女』 (テレビ朝日系) 1992年7月25日 土曜ワイド劇場
『水戸黄門 第20部』 (TBS系) 1992年
『京都―飛鳥路の旅殺人事件』 (テレビ朝日系) 1992年11月14日 土曜ワイド劇場

河合奈保子(かわい なおこ、本名:金原奈保子(かねはら なほこ、旧姓河合)、1963年7月24日 - ) は、大阪市住之江区粉浜(こはま)出身の女性歌手、女優。私立 大阪女子学園(現 大阪夕陽丘学園高等学校)(編入)→明治大学付属中野高校夜間部卒業。

所属事務所は芸映プロダクション、レコード会社は日本コロムビア(現コロムビアミュージックエンタテインメント)。

歌唱力が優れている上に、ピアノ・ギター・マンドリン・シンセサイザーを演奏し、作詞作曲も自ら手掛けるなど、非常に高い音楽性が備わっていた。加えて後のグラビアアイドルにも通じるスタイルは雑誌のグラビアやアイドル水泳大会を度々飾り、彼女の写真集は2006年の現在もなお古書市場で根強い人気を保っている。そして天真爛漫で素直な性格は中西裕の漫画「あしたのナオコちゃん」のモデルにもなった。1980年代の人気歌手・アイドルの一人である。


シングル
大きな森の小さなお家(1980年6月1日)
作詞:三浦徳子 作曲:馬飼野康二 編曲:馬飼野康二
ヤング・ボーイ(1980年8月25日)
作詞:竜真知子 作曲:水谷公生 編曲:船山基紀
愛してます(1980年12月10日)
作詞:伊藤アキラ 作曲:川口真 編曲:船山基紀
17才(1981年3月10日)
作詞:竜真知子 作曲:水谷公生 編曲:船山基紀
スマイル・フォー・ミー(1981年6月1日)
作詞:竜真知子 作曲:馬飼野康二 編曲:大村雅朗
ムーンライト・キッス(1981年9月1日)
作詞:松本礼児 作曲:馬飼野康二 編曲:竜崎孝路
ラブレター(1981年12月5日)
作詞:竜真知子 作曲:馬飼野康二 編曲:若草恵
愛をください(1982年3月10日)
作詞:松宮恭子・伊藤アキラ 作曲:松宮恭子 編曲:若草恵
夏のヒロイン(1982年6月10日)
作詞:竜真知子 作曲:馬飼野康二 編曲:若草恵
けんかをやめて(1982年9月1日)
作詞:竹内まりや 作曲:竹内まりや 編曲:清水信之
Invitation(1982年12月1日)
作詞:竹内まりや 作曲:竹内まりや 編曲:大村雅朗
ストロー・タッチの恋(1983年3月1日)
作詞:来生えつこ 作曲:来生たかお 編曲:若草恵
エスカレーション(1983年6月1日)
作詞:売野雅勇 作曲:筒美京平 編曲:大村雅朗
UNバランス(1983年9月14日)
作詞:売野雅勇 作曲:筒美京平 編曲:大村雅朗
疑問符(1983年12月1日)
作詞:来生えつこ 作曲:来生たかお 編曲:大村雅朗
微風のメロディー(1984年3月1日)
作詞:尾崎亜美 作曲:尾崎亜美 編曲:大村雅朗
コントロール(1984年6月1日)
作詞:売野雅勇 作曲:八神純子 編曲:鷺巣詩郎
唇のプライバシー(1984年8月28日)
作詞:売野雅勇 作曲:筒美京平 編曲:鷺巣詩郎
北駅のソリチュード(1984年12月1日)
作詞:売野雅勇 作曲:筒美京平 編曲:萩田光雄
ジェラス・トレイン(1985年3月5日)
作詞:売野雅勇 作曲:筒美京平 編曲:萩田光雄
デビュー〜Fly Me To Love〜(1985年6月12日)
作詞:売野雅勇 作曲:林哲司 編曲:鷺巣詩郎
MANHATTAN JOKE(デビュー両A面) - 映画『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』主題歌
作詞:秋元康 作曲:大野雄二 編曲:大野雄二
ラヴェンダー・リップス(1985年10月3日)
作詞:売野雅勇 作曲:林哲司 編曲:萩田光雄
THROUGH THE WINDOW〜月に降る雪〜(1985年12月12日)
作詞:Peter Backett/訳詞:売野雅勇 作曲:Peter Backett 編曲:Tom Keane&Humberto Gatica
涙のハリウッド(1986年4月1日)
作詞:売野雅勇 作曲:林哲司 編曲:萩田光雄
刹那の夏(1986年7月24日)
作詞:売野雅勇 作曲:筒美京平 編曲:船山基紀
ハーフムーン・セレナーデ(1986年11月28日) - アルバム「スカーレット」からのシングルカット
作詞:吉元由美 作曲:河合奈保子 編曲:瀬尾一三
想い出のコニーズ・アイランド(1987年3月1日) - アルバム「スカーレット」からのカット、カセットテープのみ
作詞:吉元由美 作曲:河合奈保子 編曲:瀬尾一三
十六夜物語(1987年7月24日) - アルバム「JAPAN as waterscapes」からのシングルカット
作詞:吉元由美 作曲:河合奈保子 編曲:瀬尾一三
悲しい人(1988年3月1日)
作詞:吉元由美 作曲:河合奈保子 編曲:高橋干治&NATURAL
Harbour Light Memories(1988年7月21日)
作詞:公文健 作曲:河合奈保子 編曲:小林信吾
悲しみのアニバァサリー(1989年11月10日)
作詞:さがらよしあき 作曲:河合奈保子 編曲:ヨタカヨコクラ
美・来(1990年4月10日)
作詞:さがらよしあき 作曲:河合奈保子 編曲:ミッキー吉野
眠る、眠る、眠る(1990年9月1日)
作詞:麻生圭子 作曲:都志見隆 編曲:ミッキー吉野
Golden sunshine day(1992年6月21日) - 「近藤正臣の味覚人情報」(毎日放送製作・TBS系)テーマソング
作詞:ミッキー吉野 作曲:河合奈保子 編曲:ミッキー吉野
エンゲージ(1993年10月21日)
作詞:吉元由美 作曲:岸正之 編曲:清水信之
夢の跡から(1994年3月21日)
作詞:八島義郎 作曲:河合奈保子 編曲:若草恵

[編集] オリジナルアルバム
LOVE(1980年10月10日)
トワイライト・ドリーム(1981年5月10日)
ダイアリー(1981年8月10日)
サマー・ヒロイン(1982年7月21日)
あるばむ(1983年1月21日)
ビューティフル・デイ(1983年7月24日) - ミニアルバム
スカイ・パーク(1983年6月1日)
ハーフ・シヤドウ(1983年10月21日)
サマー・デリカシー(1984年6月1日)
デイドリーム・コースト(1984年8月28日)
さよなら物語(1984年12月5日)
スターダスト・ガーデン(1985月3月5日)
9 1/2(1985年12月12日) - 同名映像ソフトとは構成が異なる
スカーレット(1986年10月21日) - 全作曲
JAPAN as waterscapes (1987年6月24日) - 全作曲
MembersOnly(1988年4月1日) - 全作曲
Calling You(1989年11月21日) - 全作曲
ブックエンド(1990年6月1日) - 全作曲
engagement(1993年11月21日) - 10曲中5曲作詞作曲
nahoko 音 / blue(2006年4月26日) - 全作曲 ピアノ作品集
nahoko 音 / orange(2006年4月26日) - 全作曲 ピアノ作品集
nahoko 音(2006年11月28日)- nahoko 音 blue/orange のCD盤 roots maker records レーベル

[編集] ライブアルバム
LIVE(1980年12月10日)
Naoko in Concert(1982年2月25日)
ブリリアント(1982年11月21日)
NAOKO THANKSGIVING PARTY(1988年10月21日)

[編集] ベストアルバム、BOX
Angel(1981年11月25日)
プリズム(1983年12月21日) - ベスト+オリジナル3曲
コレクション(1983年12月21日) - CDのみ、プリズムとは構成が異なる
愛・奈保子の若草色の旅(1984年3月21日) - カセットテープのみ
NAOKO22(1985年7月24日) - 2枚組ベスト+初のオリジナル自作曲「夢かさねて」収録
コレクションII(1985年7月24日) - CDのみ1枚、NAOKO22とは構成が異なる
全曲集 涙のハリウッド(1986年5月21日) - CDのみ
ばらあど(1987年9月21日) - ミニアルバム
Timeless〜Naoko special mix〜(1987年12月10日) - リミックス4曲+ピアノVer、オリジナル各1曲、ミニアルバム
Fabric Voices(1988年9月21日) - デュエットコレクション、ミニアルバム
Pure Gold(1989年3月21日)- 2枚組
河合奈保子作品集 Masterpieces(1989年5月1日) - 自作曲ベスト
NAOKO KAWAI スーパー・ツインDX(1990年12月1日) - 2枚組
河合奈保子 ベスト・コレクションI(1993年9月21日) - 1980〜83年迄のA面
河合奈保子 ベスト・コレクションII(1993年9月21日)- 1983〜89年迄のA面からセレクト
JEWEL BOX(2001年9月29日) - 河合奈保子単独名義の全シングルAB面+特典映像DVD
JEWEL BOX2(2003年2月1日) - アンケート、アルバム収録曲選抜、未収録音源+ライブ映像DVD
河合奈保子・しんぐるこれくしょん(2006年12月6日) - 河合奈保子単独名義の全シングルA面、2枚組


中森 明菜(なかもり あきな、本名も同じ、1965年7月13日 - )は、日本の女性歌手、女優。東京都清瀬市出身。大東学園高等学校→明治大学付属中野高等学校夜間部中退。身長160cm。血液型A型。

シングル
リリース日 タイトル 規格 販売生産番号
1st 1982年5月1日 スローモーション EP L-1600
2nd 1982年7月28日 少女A EP L-1616
3rd 1982年11月10日 セカンド・ラブ EP L-1620
4th 1983年2月23日 1/2の神話 EP L-1660
5th 1983年6月1日 トワイライト ―夕暮れ便り― EP L-1661
6th 1983年9月7日 禁区 EP L-1662
7th 1984年1月1日 北ウイング EP L-1663
8th 1984年4月11日 サザン・ウインド EP L-1664
9th 1984年7月25日 十戒 (1984) EP L-1665
10th 1984年11月14日 飾りじゃないのよ涙は EP L-1666
11th 1985年3月8日 ミ・アモーレ〔Meu amor e…〕 EP L-1668
12th 1985年6月19日 SAND BEIGE ―砂漠へ― EP L-1669
13th 1985年10月9日 SOLITUDE EP L-1670
14th 1986年2月3日 DESIRE ―情熱― EP L-1750
15th 1986年5月26日 ジプシー・クイーン EP L-1751
16th 1986年9月25日 Fin EP L-1752
17th 1987年2月4日 TANGO NOIR EP L-1753
18th 1987年6月3日 BLONDE EP L-1754
19th 1987年9月30日 難破船 EP L-1755
20th 1988年1月27日 AL-MAUJ (アルマージ) EP L-1756
21st 1988年5月18日 TATTOO EP
8cmCD L-1757
10SL-13
22nd 1988年11月1日 I MISSED "THE SHOCK" EP
8cmCD 07L7-4030
10L3-4030
23rd 1989年4月25日 LIAR EP
8cmCD
CT 06L7-4070
09L3-4070
09L5-4070
24th 1990年7月17日 Dear Friend 8cmCD
CT WPDL-4173
WPSL-4173
25th 1990年11月6日 水に挿した花 8cmCD
CT WPDL-4190
WPSL-4190
26th 1991年3月25日 二人静 ―「天河伝説殺人事件」より 8cmCD
CT WPDL-4229
WPSL-4229
27th 1993年5月21日 Everlasting Love/NOT CRAZY TO ME 8cmCD
CT MVDD-10001
MVSD-10001
28th 1994年3月24日 片想い/愛撫 8cmCD MVDD-10004
29th 1994年9月2日 夜のどこかで 〜night shift〜 8cmCD MVDD-10007
30th 1994年10月5日 月華 8cmCD MVDD-10009
31st 1995年6月21日 原始、女は太陽だった 8cmCD MVDD-10014
32nd 1995年11月1日 Tokyo Rose 8cmCD MVDD-10017
33rd 1996年8月7日 MOONLIGHT SHADOW-月に吠えろ 8cmCD MVDD-10024
34th 1997年2月21日 APPETITE 8cmCD MVDD-10027
35th 1998年2月11日 帰省 〜Never Forget〜 8cmCD GRDO-10
36th 1998年5月21日 今夜、流れ星 8cmCD GRDO-11
37th 1998年9月23日 とまどい 8cmCD GRDO-14
38th 1999年1月21日 オフェリア 8cmCD GRDO-21
39th 1999年12月1日 Trust Me 8cmCD GRDO-24
40th 2001年5月31日 It's brand new day 音楽配信
41st 2002年5月2日 The Heat 〜musica fiesta〜 12cmCD UMCK-5060
42nd 2003年4月30日 Days 12cmCD UMCK-5094
43rd 2004年5月12日 赤い花 12cmCD POCE-3600
44th 2004年7月7日 初めて出逢った日のように 12cmCD POCE-3601
45th 2005年12月7日 落花流水 12cmCD UMCK-5136
46th 2006年5月17日 花よ踊れ 12cmCD UMCK-5143


[編集] 企画・特発シングル
リリース日 タイトル 規格 販売生産番号
1984年12月15日 北ウイング/リ・フ・レ・イ・ン EP L-1667
1985年5月1日 赤い鳥逃げた 12inch L-3601
1986年11月10日 ノンフィクション エクスタシー CT LKC-2008


[編集] オリジナルアルバム
リリース日 タイトル 規格 販売生産番号
1st 1982年7月1日 プロローグ〈序幕〉 LP
CT L-12531
LKF-8042
2nd 1982年10月27日 バリエーション〈変奏曲〉 LP
CT L-12550
LKF-8050
3rd 1983年3月23日 ファンタジー〈幻想曲〉 LP
CT L-12570
LKF-8070
4th 1983年8月10日 NEW AKINA エトランゼ LP
CT L-12580
LKF-8080
5th 1984年5月1日 ANNIVERSARY LP
CT L-12591
LKF-8091
6th 1984年10月10日 POSSIBILITY LP
CT L-12592
LKF-8092
7th 1985年4月3日 BITTER AND SWEET LP
CT L-12593
LKF-8093
8th 1985年8月10日 D404ME LP
CT L-12594
LKF-8094
9th 1986年8月11日 不思議 LP
CT
CD L-12595
LKF-8095
32XL-155
10th 1986年12月24日 CRIMSON LP
CT
CD L-12650
LKF-8150
32XL-190
11th 1987年8月25日 Cross My Palm LP
CT
CD L-12651
LKF-8151
32XL-192
12th 1988年3月3日 Stock LP
CT
CD L-12652
LKF-8152
32XL-193
13th 1988年8月3日 Femme Fatale LP
CT
CD L-12653
LKF-8153
32XL-195
14th 1989年7月25日 CRUISE LP
CT
CD
Gold CD 25L1-80
25L4-80
29L2-80
36L2-5103
15th 1993年9月22日 UNBALANCE+BALANCE CD
CT
DCC MVCD-9
MVTD-4
MVXD-7
16th 1995年7月21日 la alteracion CD MVCD-25
17th 1997年3月21日 SHAKER CD MVCD-38
18th 1998年6月17日 SPOON CD GRCO-3001
19th 1999年12月1日 will CD GRCO-3003
20th 2002年5月22日 Resonancia CD UMCK-1111
21st 2003年5月14日 I hope so CD
CD+DVD UMCK-1162
UMCK-9035
22nd 2006年6月21日 DESTINATION CD UMCK-1209


[編集] 企画・ミニアルバム
リリース日 タイトル 規格 販売生産番号
1982年12月24日 Seventeen LP L-6501
1984年12月21日 SILENT LOVE LP L-5601
1985年12月21日 MY BEST THANKS LP L-4101
1987年5月1日 CD'87 CD 32XL-191
1988年6月1日 Wonder CD
Gold CD 28XL-194
43XL-2001
1996年12月18日 VAMP CD MVCZ-1002


[編集] ベストアルバム
リリース日 タイトル 規格 販売生産番号
ベストアルバム 1983年12月21日 BEST AKINA メモワール LP
CT L-12590
LKF-8090
シングルベスト 1986年4月1日 BEST LP
CT
CD L-13030
LKG-5030
32XL-150
シングルベスト 1988年12月24日 BEST II LP
CT
CD 28L1-49
28L4-49
32L2-49
ベストアルバム 1992年11月10日 BEST III CD
CT WPCL-711
WPTL-711
ベストアルバム 1995年12月6日 true album akina 95 best CD(3枚組) MVCD-36001-3
ベストアルバム 2002年12月4日 Akina Nakamori〜歌姫ダブル・ディケイド CD UMCK-1139
ベストアルバム 2006年1月11日 BEST FINGER 25th anniversary selection CD UMCK-1200
バラードベスト 2007年3月28日 バラード・ベスト 〜25th Anniversary Selection〜 CD
CD+DVD UMCK-1223
UMCK-9177


[編集] ライブアルバム
リリース日 タイトル 規格 販売生産番号
1989年11月17日 AKINA EAST LIVE INDEX-XXIII CD(2枚組)
Gold CD(2枚組)
CT 45L2-126〜7
54L2-5106〜7
42L4-126
1991年11月28日 Listen to Me CD(2枚組)
CT(2本組) WPCL-626〜7
WPTL-626〜7


[編集] カバーアルバム
リリース日 タイトル 規格 販売生産番号
1994年3月24日 歌姫 CD
CT MVCD-12
MVTD-6
2002年3月20日 ZERO album-歌姫2 CD UMCK-1093
2003年12月3日 歌姫3 〜終幕 CD UMCK-1174
2004年12月1日 歌姫 Complete Box Empress CD(6枚組) POCE-3035/40
2007年1月17日 歌姫ベスト 〜25th Anniversary Selection〜 CD
CD+DVD UMCK-1218
UMCK-9154
2007年6月27日 艶華 -Enka- CD
CD+DVD
CD(2枚組)
CT UMCK-1227
UMCK-9181
UMCK-9182/3
UMTK-1001


[編集] その他のアルバム
リリース日 タイトル 規格 販売生産番号 備考
1999年8月18日 ウィザードリィ 〜DIMGUIL〜 ORIGINAL SOUND TRACK CD TYCY-10020 PS用ゲームソフト『ウィザードリィ 〜DIMGUIL〜』のサントラ盤
テーマソング「月の微笑み」2バージョン収録
2000年11月10日 Dear My Company CD UMCK-1004 来生たかおのアルバムに参加
「セカンド・ラブ」のデュエット版収録
2004年5月19日 山口百恵トリビュート Thank You For... CD MHCL-614 山口百恵のトリビュート・アルバム
「愛染橋」収録(カバーアルバム『歌姫』より)
2006年12月13日 Jewel Songs 〜Seiko Matsuda Tribute & Covers〜 CD SRCL-6456 松田聖子のトリビュート・アルバム
「瑠璃色の地球」収録(カバーアルバム『ZERO album-歌姫2』より)
2007年6月27日 中森明菜選曲 演歌集 -艶華- CD
CT UMCK-1229
UMTK-1002 オムニバスアルバム


小泉 今日子(こいずみ きょうこ、1966年2月4日 - )は日本の女性歌手、女優。 所属事務所はバーニングプロダクション。筆頭タレント。血液型O型。

神奈川県厚木市出身。厚木市立三田小学校卒業、厚木市立睦合中学校卒業、神奈川県立津久井高等学校中退(編入)→明治大学付属中野高等学校中退。


シングル
発売日 タイトル 作詞 作曲 編曲 最高位 登場数週 売上枚数 備考
1st 1982年3月21日 私の16才 真樹のり子 たきのえいじ 神保正明 22 27 9.7 森まどかの曲ねぇ・ねぇ・ねぇのカヴァー
2nd 1982年7月5日 素敵なラブリーボーイ 千家和也 穂口雄右 矢野立美 19 14 12.4 林寛子の同名曲のカヴァー
3rd 1982年9月21日 ひとり街角 三浦徳子 馬飼野康二 竜崎孝路 13 17 15.4 初のオリジナル
4th 1983年2月5日 春風の誘惑 篠原ひとし 緑一二三 萩田光雄 10 12 14.1
5th 1983年5月5日 まっ赤な女の子 康珍化 筒美京平 佐久間正英 8 16 22.7
6th 1983年7月21日 半分少女 橋本淳 筒美京平 川村栄二 4 14 21.9
7th 1983年11月1日 艶姿ナミダ娘 康珍化 馬飼野康二 馬飼野康二 3 17 34.8
8th 1984年1月1日 クライマックス御一緒に 森雪之丞 井上大輔 井上大輔 4 12 20.7 あんみつ姫名義
9th 1984年3月21日 渚のはいから人魚 康珍化 馬飼野康二 馬飼野康二 1 13 33.1 オリコン初の1位
両A面 風のマジカル 湯川れい子 NOBODY 鷺巣詩郎 1 13 33.1 映画「ドラえもん のび太の魔界大冒険」主題歌
10th 1984年6月21日 迷宮のアンドローラ 松本隆 筒美京平 船山基紀 1 15 37.7 同名絵画展のテーマソング
11th 1984年9月21日 ヤマトナデシコ七変化 康珍化 筒美京平 若草恵 1 13 30.1
12th 1984年12月21日 The Stardust Memory 高見沢俊彦
高橋研 高見沢俊彦 井上鑑 1 13 37.4 初主演映画「生徒諸君!」主題歌
13th 1985年4月10日 常夏娘 緑一二三 幸耕平 矢野立美 1 11 26.7
14th 1985年6月8日 ハートブレイカー 高見沢俊彦
高橋研 高見沢俊彦 井上鑑 6 6 9.5 12インチシングル
15th 1985年7月25日 魔女 松本隆 筒美京平 中村哲 1 10 16.7
16th 1985年11月21日 なんてったってアイドル 秋元康 筒美京平 鷺巣詩郎 1 15 28.4 富士フイルム「カルディア」
富士重工業「スバルステラ」CMソング
17th 1986年4月30日 100%男女交際 麻生圭子 馬飼野康二 山川恵津子 2 9 14
18th 1986年7月10日 夜明けのMEW 秋元康 筒美京平 武部聡志 2 14 15.8
19th 1986年11月19日 木枯しに抱かれて 高見沢俊彦 高見沢俊彦 井上鑑 3 17 27.9 主演映画「ボクの女に手を出すな」主題歌
20th 1987年2月25日 水のルージュ 松本隆 筒美京平 大村雅朗 1 10 18.7 カネボウ'87春のイメージソング
21st 1987年7月1日 Smile Again 川村真澄 井上ヨシマサ 土屋昌巳 2 12 15.3 オカリナ
22nd 1987年10月21日 キスを止めないで 秋元康 野村義男 米光亮 1 13 12.6
23rd 1988年3月9日 Good Morning-Call 小泉今日子 小室哲哉 清水信之 2 12 17 クノール「カップスープ」CMソング
24th 1988年10月26日 怪盗ルビイ 和田誠 大滝詠一 大滝詠一
服部克久 2 12 13.4 主演映画「快盗ルビイ」主題歌
25th 1989年5月10日 Fade Out 近田春夫 近田春夫 近田春夫 2 9 10.5
26th 1989年11月1日 学園天国 阿久悠 井上忠夫 野村義男 3 21 33.5 CXドラマ「愛しあってるかい!」主題歌
27th 1990年3月1日 見逃してくれよ! 活発委員会 加藤英彦 福田裕彦 1 13 26 クノール「カップスープ」CMソング
28th 1990年6月21日 La La La・・・ 小泉今日子 藤原ヒロシ
屋敷豪太 藤原ヒロシ
屋敷豪太 10 7 6
29th 1990年9月21日 丘を越えて 小泉今日子 青木達之
林昌幸 東京スカパラダイスオーケストラ 10 9 7.1 オートザム・レビューCMソング
30th 1991年5月21日 あなたに会えてよかった 小泉今日子 小林武史 小林武史 1 32 105.4 TBSドラマ「パパとなっちゃん」主題歌
31st 1992年6月3日 自分を見つめて 小泉今日子 EBBY 小滝みつる 4 13 22.7
32nd 1993年2月3日 優しい雨 小泉今日子 鈴木祥子 白井良明 2 15 95.9 TBSドラマ「愛するということ」主題歌
33rd 1994年2月2日 My Sweet Home 小泉今日子 小林武史 小林武史 4 14 44.7 TBSドラマ「スウィート・ホーム」主題歌
34th 1994年11月14日 月ひとしずく 小泉今日子
井上陽水
奥田民生 井上陽水
奥田民生 白井良明 7 11 23 TBSドラマ「僕が彼女に、借金をした理由。」主題歌
35th 1995年11月1日 BEAUTIFUL GIRLS 小泉今日子 筒美京平 宮崎泉
福原まり
服部隆之 14 11] 21.3 CXドラマ「まだ恋は始まらない」主題歌
36th 1996年10月23日 オトコのコ オンナのコ 小泉今日子 奥田民生 菅野よう子 19 4 6 コーラス「草g剛」
37th 1998年10月8日 Nobody Can,but you 小竹正人
小泉今日子 タカツカアキオ
納谷エミコ 高浪敬太郎 78 1
38th 1999年8月4日 for my life 小泉今日子 菅野よう子 菅野よう子 33 2 CXドラマ「恋愛結婚の法則(ルール)」主題歌


[編集] アルバム
マイ・ファンタジー(1982年)
詩色の季節(1982年)
Breezing(1983年)
SEPARATION(1983年)
THANK YOU(1983年)
Whisper(1983年)
Betty(1984年)
Celebration(1984年)
Today's Girl(1985年)
Flapper (1985年)
Melodies 〜Kyoko Koizumi Song Book(1985年)
Do You Love Me Best(1985年)
今日子の清く楽しく美しく(1986年)
Liar(1986年)
ザ・ベスト(1986年)
Hippies(1987年)
Phantasien(1987年)
Ballad Classics(1987年)
BEAT POP(1988年)
Best of Kyong King(1988年)
ナツメロ(1988年)
KOIZUMI IN THE HOUSE(1989年)
Ballad Classics II(1989年)
No.17(1990年)
afropia(1991年)
K2 Best Seller(1992年)
Banbinater - Koizumix Ploduction名義(1992年)
MASTER MIX PARTY - Koizumix Ploduction名義(1993年)
TRAVEL ROCK(1993年)
anytime(1994年)
オトコのコ オンナのコ(1996年)
KYO→(1998年)
89-99 collection - Koizumix Ploduction名義(1999年)
89-99 VINYL COLLECTION - Koizumix Ploduction名義(1999年)
Inner Beauty(1999年)
KYO→2〜Anniversary Song〜(2002年)
KYON3 〜KOIZUMI THE GREAT 51(2002年)
厚木I.C.(2003年)
K25〜KYOKO KOIZUMI ALL TIME BEST〜(2007年)

[編集] 出演

[編集] 映画
十階のモスキート (1983年)※映画初出演
生徒諸君! (1984年)※初主演
ボクの女に手を出すな (1986年)※主演
子猫物語 (1986年)※ナレーション
快盗ルビイ (1988年)※主演
稲村ジェーン (1990年)※ゲスト出演
超少女REIKO (1991年)※ゲスト出演
病は気から 病院へ行こう2 (1992年)※主演
虹をつかむ男・南国奮斗篇 (1997年)
踊る大捜査線 THE MOVIE (1998年)
共犯者 (1999年)
風花 (2001年)※主演
陰陽師 (2001年)
青い春 (2002年)※ゲスト出演
ロッカーズ (2003年)※ゲスト出演
SURVIVE STYLE5+ (2004年)
空中庭園 (2005年)※主演
雪に願うこと (2006年)
涙そうそう (2006年)
LOVE MY LIFE (2006年)※ゲスト出演
照明熊谷学校 (2006年)※ナレーション
映画監督って何だ! (2006年)
ユメ十夜 (2007年)(第一夜:主演)
さくらん (2007年)※ゲスト出演
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (映画)(2007年)※ゲスト出演
やじきた道中 てれすこ (2007年)
転々 (2007年)
ほか

[編集] テレビドラマ
峠の群像 (1982〜1982年、NHK)
あんみつ姫 (1983〜1984年、フジテレビ)
あとは寝るだけ (1983年、テレビ朝日)
少女に何が起ったか (1985年、TBS)平均視聴率21.4%
花嫁人形は眠らない (1986年、TBS)
明日はアタシの風が吹く (1989年、日本テレビ)
愛しあってるかい! (1989年、フジテレビ)平均視聴率22.6%、最高視聴率26.6%
パパとなっちゃん (1991年、TBS)平均視聴率17.3%、最高視聴率21.1%
あなただけ見えない (1992年、フジテレビ)最終回視聴率22.0%
愛するということ (1993年、TBS)
僕が彼女に、借金をした理由。 (1994年、TBS)
まだ恋は始まらない (1995年、フジ)平均視聴率18.9%、最高視聴率20.8%
メロディ (1997年、TBS)
恋愛結婚の法則 (ルール) (1999年、フジテレビ)
恋を何年休んでますか (2001年、TBS)最高視聴率18.3%
私立探偵 濱マイク (2002年、日本テレビ)
マンハッタンラブストーリー (2003年、TBS)赤羽伸子 (タクシー運転手)役
大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』 (2003年、NHK)
すいか (2003年、日本テレビ)友情出演
優しい時間 (2005年、フジテレビ)ゲスト出演
セーラー服と機関銃 (2006年、TBS)
ほか

[編集] 単発テレビドラマ
女の一生 (1985、 テレビ朝日)
藤子不二雄の夢カメラ (1986、 フジテレビ)
日の日をこそ (1986、 TBS)
艶歌・旅の終りに (1988、 フジテレビ)
振りむけば春 (1989、 NHK)
花迷宮・昭和異人館の女たち (1990、 フジテレビ)
東芝日曜劇場 花束 (1990、 TBS)
愛しあってるかい!スペシャル (1990、 フジテレビ)
女正月 (1992、 TBS)
華岡青州の妻 (1992、 フジテレビ)
ヒマラヤの赤い自転車 (1993、 NTV)
瞳に星な女たち (1993、 TBS)中森明菜とW主演
風を聴く日 (1995、 TBS)
終わりのない童話 (1995、 TBS)
夫についての情報 (2000、 NHK)
黒い十人の女 (2002、 フジテレビゴールデンシアター特別企画)
センセイの鞄 (2003、 WOWOWドラマW)
川、いつか海へ−6つの愛の物語− (2003、 NHK)
女と男の物語Part2 (2003、 テレビ朝日)

[編集] その他テレビ番組
地球ふしぎ大自然 ナレーター (NHK、草g剛と)
小泉今日子のホーリーマウンテン (日本テレビ)
いいともテレフォンショッキング (フジテレビ)

[編集] ラジオ番組
小泉今日子のオールナイトニッポン (ニッポン放送、水曜1部 1986年4月〜1988年9月、2007年3月26日)

[編集] 舞台
紙のドレスを燃やす夜 (1997年)
隠れる女 (2000年)
おかしな二人・女編 (2002年)
シブヤから遠く離れて (2004年)
エドモンド (2005年)
労働者M (2006年)
禿禿祭 (2007年)





posted by abelu at 10:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 女性アイドル特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Merely a smiling visitor here to share the adore (:, btw fantastic fashion and style . "Forget regret, or life is yours to miss." by Jonathan Larson.
Posted by 情趣用品 at 2013年07月28日 13:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画 テレビドラマ.net TOP記事へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。