2007年05月31日

夏休み映画の本命はこれ? スピルバーグも大好きな『トランスフォーマー』世界初公開

070530_transformer_main.jpg『トランスフォーマー』のプロモーションで来日したシャイア・ラブーフとミーガン・フォックス

2兆円──。これはマイケル・ベイ監督とスティーヴン・スピルバーグ監督の作品全ての興行成績の総計だそうである。『アルマゲドン』で隕石に向けてロケットを飛ばし、『宇宙戦争』で巨大なトライポッドをスクリーンに映し出したこの2人がタッグを組んだ超大作『トランスフォーマー』の主演、シャイア・ラブーフとミーガン・フォックスが来日し、5月30日(水)に記者会見が行われた。

『トランスフォーマー』 シャイア・ラブーフ

「オハヨウゴザイマス! シャイア・ラブーフデス。日本語勉強中です」と、開口一番日本語で挨拶してくれたシャイア。『アイ,ロボット』、『コンスタンティン』、『ボビー』などでキャリアを積み、本作が初主演作となる彼は、本作へ出演したいきさつについて「オーディションを受けた」と言う。「『トランスフォーマー』が映画化されるという噂は前から聞いていて、子供のころから大好きだったから、ぜひ参加したいと思っていたよ。ちょうどその時、『ディスタービア(原題)』の撮影をしていて、(製作の)スティーヴン(・スピルバーグ)に『出てみたら?』と言われたんだよ。ほとんどの人が、オーディションを受けたんじゃないかな?」とその経緯を教えてくれた。

そのスティーヴン・スピルバーグからは「『トランスフォーマー』は、確かにアニメーションも面白いし大好きだけど、実写版も素晴らしい作品になるはずだと思って作ったんだ。これぞ夏休み映画だよ! ぜひ楽しんでください!」とビデオメッセージが贈られた。

『トランスフォーマー』 ミーガン・フォックス

作品はまだ完成しておらず、今日は30分ほどのフッテージが上映されたが、実はこれが全世界初の映像公開。もちろん、シャイアとミーガンも映像を観るのは初めてだ。ミーガンは「撮影中のロボットは長いポールの先についた金属のボールだったのよ。それに合わせて動いたりしていたの。だからCGの素晴らしさに唖然としたわ! とにかくキレイに出来ていて素晴らしいわよね」とCG技術のクオリティの高さを絶賛した。

最後に、そんな実力派若手俳優ふたりから日本の観客へ向けてメッセージ。「緊迫しているシーンと、ちょっと力の抜けたユーモア溢れるシーンのバランスは、さすがマイケル(・ベイ監督)だよ。ド迫力のスゴイ映画になっていると思うよ。『トランスフォーマー』は、今まで観たどんな映画とも比較出来ないくらい、誰も観たことのないような作品だし、どんな映画よりもアクションシーンが多いから、気持ちの準備をしておいてね(笑)」。

ハリウッドSF作品の長、スティーヴン・スピルバーグとアクションの神様、マイケル・ベイという、もう二度と実現しないかもしれないビッグ・コンビによる超大作『トランスフォーマー』は8月4日(土)より日劇1ほか全国にて拡大公開。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-02 21:12

映画 テレビドラマ.net TOP記事へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。